読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKAT16鑑賞ガイド その4

今日も、SKAT16鑑賞ガイド。

 

9.クレディセゾン
新しいアプローチを。

オリエンに従えば、ポイント以外が優先。
容易ではないけど、成功すれば高評価。
ただ、作る側の都合が出すぎないように。
メリットを強調しようとするあまり、
無理がある作り話になってはダメ。
素直に「そうだな」と思えるものを。
課題の文言からは、ポイントも可。
ただし、新しい訴求のアプローチを。
ポイントがたまること自体は知られていて、
それでもなお現状があるわけで。
表現を変えても、単なる描写では苦しい。

 

10.サントリー
最強、とにかく最強。

訴求点は、「最強」しかない。
後は、それをどう表現するか。
商品そのものを描くか、
飲んだ人を描くか、
飲んだことによる効果を描くか。
雰囲気にも気を使いたい。
「だらだら」や「へらへら」はなし。
「まじめ」や「遠い目」もなさそう。
よくある「あるあるネタ」は、
「最強」とは相性が悪そう。

 

明日は、SKAT16鑑賞ガイド、その5。
では。