読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第54回宣伝会議賞 中高生部門 感想

今日は、先日発表された中高生部門の感想

 

まず、グランプリ、素晴らしかったですね
ストレートで、受け手と目線を共有できていて。

それから、同じ作者の山本友和賞の受賞作も
こちらはより、「10代ならでは」だったと思います。

この作者の両受賞作に共通して感じたことは、
感情に働きかけるのが上手だということ。

 

脱帽です。

 

ぜひこのまま、ダメな大人に毒されないでほしい。

 

それから、山本友和さんの講評は、ごもっとも
まあ、私も一般部門の参加者ですが・・・。

 

一般部門よりも応募数ははるかに少なくても、
中高生部門の方が輝いて見える気がします。
宣伝会議賞の原点が垣間見えたのでは。
それだけでも新設した価値はあったはず。

 

明日は、協賛企業賞の感想を。
では。