読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦し紛れ・・・

第54回宣伝会議賞が開幕してから、
なんとか毎日更新してきたこのブログですが・・・

 

そろそろネタ切れ。

 

というわけで、苦し紛れではありますが、
以前からちょっと気になっていた疑問を・・・

 

眞木準賞って、CM案も選考の対象なの?

 

第48回の時に新設された眞木準賞、
過去6回の受賞作はすべてキャッチフレーズ。
CM案も選考対象かどうかだなんて、
私以外は誰も気にしていないかも。
(主催社も気にしていなさそう・・・。)

 

が、SKAT10の眞木準賞のページによれば・・・

 

「本賞は、宣伝会議賞の応募作品より、
 創意、センス、技法等、故人の名に最もふさわしい作品を、
 審査委員会が選出するものです。」

 

この文言に限らず、CM案は対象外とは、
どこにも書かれていなかったような・・・。

 

他の賞とは違う難しさがある眞木準賞、
グランドスラム(主要四賞独占)を目指す上では、
ある程度は意識的に戦略を考えた方がよさそう
しかも、昨日まとめた見通しでは、
眞木準賞が一番苦戦しそうでもある。

CM案の比率も多くなりそうだし、
CM案でもコピーを重視する私としては、
チャンスがあるならCM案でも狙ってみたい
現時点で浮かんでいるアイデアの中にも、
眞木準賞を広めに解釈するとすれば、
該当しうるコピーが絡むものもあるので。
CM案だからこそ成立するコピーもありそうですし。

 

明日は・・・、またまた未定。
では。