課題雑感 その2

今日は、課題についての雑感のその2
課題数に関連して気になったことをいくつか。

 

その課題数ですが、残念ながら2割近く減少
ただ、前回に続いて新規の課題も多いですし、
主催社の協賛企業開拓には敬意を表したいです。

 

むしろ問題なのは、作品の質ではないでしょうか。
企業が宣伝会議賞への協賛を決める際には、
SKATも含めて過去の作品も参考にしているはず。
今の作品の質で、企業に満足してもらえるのかな?
受賞作品・一次通過作品の質を上げるのが王道かと。
また、実際に使用されて話題になる作品も出てほしい。

 

私はまだ企業に1本も見てもらってないけど・・・。

 

ちなみに、応募期間が11月11日まで延びていたので、
課題数が50とかになったのかと思っていたのですが、
コピーライターの日に掛けてたんですね。
審査の時間は大丈夫なのか?・・・ちょっと不安。

 

それから、今回は熊本の震災に対する寄付が。
こういう「仕組み」を作るのって、いいと思います。
本数ベースなので私はあまり貢献できませんし、
とにかく数を出すのには賛成できないのですが、
せっかくなのでそれなりの本数は集まってほしいかな。
課題数が減って厳しいかもしれないけど。
理想は参加者数が増えることなのでしょうが・・・。

 

課題についての全体的な印象も書く予定でしたが、
今日はここまでにして、それはまた明日にでも。

では。

広告を非表示にする