読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第54回宣伝会議賞グランドスラム登山 (山頂?)

昨日予告した通り、どこよりも早い結果予想を。
もちろん、自分の応募作品についてだけですけど。
なお、私の応募作品数は、各課題1本ずつの計37本
内訳は、キャッチフレーズ29、テレビ6、ラジオ2。

 

では、さっそく本題に入りましょう・・・。

グランドスラム(主要四賞独占)の行方は?

 

もらった!

ただし、一次審査を通過すべき作品が通過していれば・・・。

 

一次審査の結果は、正直まったく予想できません。
なので、かなり無理な仮定ではありますが、
私がいいと思うものは通るという前提で。

前回の反省が活かされていない・・・。

 

では、各賞の行方を占っていきます・・・。

 

グランプリ
本命:18.トヨタマーケティングジャパン(テレビ)

ぽしゃりかかったところをなんとか再生。
ただ、全く受け入れられない可能性も高い。
が、これを出した以上は、自分で推さないと。
一次を通れば、その先は一番強いとは思う。
対抗と大穴は、コピー/CMゴールドの候補作たち。
あと一応、眞木準賞の本命も大穴ってことで。

 

コピーゴールド
本命:12.セメダイン
対抗:1.アサヒグループ食品
   9.クレディセゾン
   21.日本レジストリサービス
   23.ピカコーポレイション
   34.ヤフー
大穴:6.キヤノンマーケティングジャパン
   14.ChatWork

セメダインが頭一つ抜けている。
その他は大混戦すぎて、ほぼ予測不能。

 

CMゴールド
本命:30.マスメディアン(ラジオ)
対抗:22.パナソニック(テレビ)
   29.北陸電力(テレビ)
大穴:36.よしもとクリエイティブ・エージェンシー(テレビ)

マスメディアンは絶対的本命。
グランプリでもおかしくない。
こちらもその他は大混戦。
オリジナリティー重視ならこう。
でも、他の作品が受賞する可能性すら。

 

眞木準賞
本命:28.富士紡ホールディングス
対抗:8.霧島酒造
大穴:19.ニチバン

富士紡はちょっと新しい感じ。
霧島酒造はオーソドックス。
ニチバンは、賛否両論か。

 

明日からは、今回の応募作について、
ネタバレにならない程度に雑感を。
では。