読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第54回宣伝会議賞グランドスラム登山(七合目)

今日は、第54回宣伝会議賞で私が目標としている、
グランドスラム(主要四賞独占)」達成の見通しを。
9月17日の「三合目」と比較して読んでもらえれば。

 

昨日まとめておいた進捗状況に加えて、前提として、
昨年9月14日のこの記事をダイジェストで・・・

グランドスラム宣伝会議賞」の狙い方

  • キャッチフレーズ3本(眞木準賞候補2本を含む)、
    CM案2本を、ファイナリストに残したい。
  • CM案は少数精鋭、キャッチフレーズを手厚くすべし。

 

なお、私の応募予定は、各課題1本ずつの計37作品

 

まず、各賞の行方を占っていきます・・・

 

グランプリ
現時点で可能性があると思っているのは、
テレビCM案1本、ラジオCM案1本、
キャッチフレーズ1本。
残れば一番強そうなのは、テレビCM案。
が、仕上げがまだだし、評価が割れやすそう。
ラジオCM案も仕上げがまだだけど、
こちらは広く支持してもらえそう。
上記2本を倒せる可能性を基準にすれば、
キャッチフレーズでは1本しかない。

 

コピーゴールド
コピーの1等賞に自分で推したいものは、
グランプリ候補の1本以外では3本。
その他、展開次第では、というものが数本。
眞木準賞の候補作がここに絡む可能性も。

 

CMゴールド
グランプリ候補作で獲れれば話は早い。
それ以外では、強いが実現性が低いのが1本。
上手いけどオーソドックスすぎるかな、が1本。
ベタすぎて独創性の評価に不安があるものが1本。
いいアイデアの割には地味に思えるものが1本。
ゴールドに届きうるのは、さすがにここまでか。
グランプリ候補作も含め、コピーが評価されれば。
仕上げがまだの案が多いので、これからなんとか。

 

眞木準賞
「三合目」の時点で期待していたものに加えて、
一次で落ちるかファイナリストか、というものが1本。
ファイナリストに残ればど真ん中、が1本。
それ以外は、ファイナリストに届きそうにない。

 

では、総合的に考えてみると・・・

 

「三合目」では、非眞木準賞系キャッチフレーズの方が有力で、
CMゴールドや眞木準賞では苦戦を予想していましたが、
その後1か月間でバランスが明らかに変化しています。

まず、CM案が充実してきているのが大きい。
「2番手」まで強ければ、CM案でグランプリを獲る方が、
グランドスラム」は実現しやすいと思うので。

さらに、眞木準賞の候補作が増強されたのも嬉しい。
実は「グランドスラム」への最大の難所だと思っているので。

一次審査を通過すべき作品が通過すれば、の話ですが、
グランドスラム」は決して実現不可能ではないはず
残された時間、じっくり仕上げに取り組みます。

 

こうして立ち位置を確認し、ふと目の前の景色を見つめると・・・・・
見えてはいたけどまだ遠くにあった宣伝会議賞の最高峰が、
一歩ずつ着実に登れば届くところまで来ています。

(昨年10月17日の記事より転載・・・)

 

※個人の感想です。
※受賞予想はイメージです。
※ツッコミ待ちです。

 

明日は、ちょっとした「お詫び」の予定。
では。