読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一次審査通過予想 まえがき

先日予告した通り、第53回宣伝会議賞
一次審査通過予想を発表することにしました。

 

私が応募したのは、各課題1本ずつの計45作品。
明日から3回に分けて、予想を出していきます。
ただし、通過か不通過かを単純に予想するのではなく、
課題ごとの「期待度」を相対評価することにしました。
結果は通過か不通過しかなく、通過率は1%強と低い。
ならば、相対評価の方が意味があるのでは、ってことで。
また、おまけとして、協賛企業賞の受賞予想も出してみます。
予想と結果の「分布」がどの程度一致するかに注目。

 

予想のフォーマットは以下の通り。

  • 一次審査通過期待度
    「A+」~「C-」までの9段階評価。
    各段階に5作品ずつの割り当て。
  • 協賛企業賞期待度
    「一次を通過した場合の」受賞期待度。
    そうじゃないと、一次審査通過期待度の影響が強すぎるので・・・。
    「本命」、「有力」、「あり」、「まさか」、「なし」の5段階評価。
    各段階に9作品ずつの割り当て。
  • 寸評
    期待できる要因や不安な要因等、評価のポイント。

 

評価に当たっては、主に次の点を考慮しました。

  • 応募作品の出来栄え
  • 予想される他の参加者の応募作品の水準
  • 予想される類似作品の多さ
  • 審査員の好みに左右されそうな度合
  • オリエンへの忠実度

 

では、乞うご期待。