読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリエン概観

今日は、昨日発表されたオリエンについての概観を。

宣伝会議賞では、オリエンに沿っているか微妙なものや、
そもそも課題に沿っているか怪しいものも、
受賞していることがあるような気はしますが・・・。
あくまでも企業の課題解決を旨とする方針の私としては、
オリエン無視は自分なりの正当な理由がなければ不可。
ですから、オリエンは基本的に反映させるつもりです。
課題の再定義はOK、むしろ望ましいことすらあるとしても、
恣意的に課題を横にずらすのは、私的にはなし。

 

まず、オリエンを見て分かったことは、
課題が大まかなものは、オリエンも大まかってこと。
まあ、考えてみれば、それはそうなのかも。
明確なオリエンが出せるくらいなら、
課題も明確になるでしょうから。
オリエン待ちにしていた課題は、
オリエンを見ても何もつかめませんでした。

 

また、いくつか気になるオリエンが。
どの課題かは今のところ明示しませんが・・・。
・課題に比べてオリエンがこじんまりした感じのもの。
・課題からは思いもよらぬ方向が指定されたもの。
・ターゲットが課題とオリエンでは異なるように思えるもの。

 

それから、いくつか「NG」指定がありましたけど、
これは予想の範囲内だったので問題なし。
今回指定されたNGって、方向性の問題じゃなくて、
ちょっと考えれば理解できるNGだと思う。
SKATに載りそうな価値のないものに、
ちゃんとあらかじめダメを出してくれています。

 

ちなみに、9月1日に応募を開始して、
10月1日にオリエン発表って・・・?
まあ、『宣伝会議』の編集上の都合でしょうけど。