読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Favorites from SKAT 主要三賞篇

昨日の協賛企業賞篇に続いて、今日は主要三賞篇
主要四賞篇のつもりだったのですが、グランプリは明日。

眞木準賞、CMゴールド、コピーゴールドを選ぶのですが、
当該賞の受賞作に限らず、広く上位入賞作の中から選びました。
私が宣伝会議賞を好きになるきっかけにもなった作品群です。

 

眞木準賞

君とさつまでも。
(第42回審査員奨励賞、田苑酒造)

理屈抜きにすっと入ってきて、温かい気持ちにさせてくれる。
今日も二人でお酒を飲んでいる幸せな光景が目に浮かびます

 

CMゴールド

「オチ(落ち)ない彼女」編
「モテ(持て)る彼女」編
(第50回CMゴールド、長谷川工業)

選評にもある通り、「余分なものがない」。
これほどシンプルな構造で商品特長を訴求したことに感動。
そして二編のストーリー、さらにはタイトルまでが、
あまりにも見事なパラレル関係になっている。
制作されたCMでは、最後の部分がちょっと違うような。
もっと無表情な感じかと思っていました。
私の解釈がずれていたのか、それとも・・・
「ささっと」「スタスタ」の演技が難しすぎたのかな。
あくまでも映像を制作するためのコンテですが、
本末転倒を認めつつ、この「字コンテ」に、ラブ&リスペクト

※「19歳のクリエイティブディレクター」で検索を。

 

コピーゴールド

プリンはひとを、可愛くする。
(第49回グランプリ、森永乳業

過去のグランプリ受賞作の中では地味な方かもしれない。
実際、どうほめていいかよく分からない。が、捨てがたい。
受賞者の方も「本質で勝負した」とおっしゃっている通り、
奇をてらうわけでも派手にするわけでもなく、
ただただ端的に本質を突いたのがよかったのでしょう。
これはもう、審査員の講評や選評を読んでください。

 

さあ、明日はいよいよグランプリ篇
「勝手に歴代グランプリ」の頂点は?