読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第53回宣伝会議賞グランドスラム登山(三合目)

というわけで、一昨日と昨日の内容を踏まえて、
グランドスラム(主要四賞独占)への道程の見通しを。

なお、あらかじめお断りしておきますが、
応募予定作品やその「種」についての評価は、
すべて「当社比」です。

 

さて、まずはグランプリの種があるかですが・・・。

あります!

ある課題のCM案が、見事にはまりそう。
あとはいい絵コンテに仕上げられるかだけ。

が、

・・・私は、絵コンテが描けない。

いや、もっと正確に言おう。

絵が描けない。

はい、完全に幼稚園児レベル。
字コンテがあるじゃないか?・・・いや、
この案は絵コンテにした方が「映える」のです!
正直、他の課題からこれ以上のものは出そうにない。
残り1か月半、ここが最大の関所。

 

次に、CMゴールド
上記の案がグランプリを獲るとして、
CM案の「2番手」の出来は・・・・・

いける!

元々「スーパーX」でいい構想があった上に、
他の課題でもちらほらといいアイディアが。
中には評価が分かれそうなものもあるし、
テレビCMの案はやはり絵コンテ化に不安。
が、現時点としてはかなり手厚い候補群

 

次に、眞木準賞
今年の課題は眞木準賞が狙いにくいものが多い。
課題発表の時点ではそう思っていましたが・・・

可能性大!

進捗度が「ほぼ完成」の中に、すでに候補作が5本
さらに、「それなりのものが出来た」の中にも、
「ひょっとして」と思えるものが2本。
「眞木準賞ど真ん中」じゃないけど、むしろそれがいい。
眞木準賞抜きでも評価されうることが、有利に働くかも。

 

最後に、コピーゴールド
ここをクリアすれば、夢のグランドスラムが現実的に。

・・・
・・・・・
・・・・・・・

信じてるよっ!

正直、キャッチフレーズはCM案と比べて、質・量ともに劣る
眞木準賞系はいいとして、非眞木準賞系が・・・。
が、ないわけじゃない。というより、2本、ある
その2本が自己評価通りに評価されれば、可能性あり。
ただ、「生存率」を考えれば、もう少し手厚くしたいところ。

 

とはいえ・・・、総じて、視界良好。
最高峰の頂は、すでに見えています。

 

※個人の感想です。
※受賞予想はイメージです。