読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宣伝会議賞との出会い その2

で、10月中旬、宣伝会議賞に初挑戦することに。
が、できると思っていた課題でいいものが出ない。
仕方なくいろいろと課題をさまよううちに、
いくつかなんとかコピーらしきものが。
すると、他の課題もできるんじゃないか、という気に。
いつしか、10課題、20課題と作品は増えていった。

 

この頃にはもう完全に宣伝会議賞モード
頭が勝手に働き続け、仕事は手につかず。
半日以上ぶっつづけで考えていたことも。

 

いつの間にか30課題、40課題・・・
途中でCM案ならできそうな課題もあることに気付く。
さらに、自分の作品同士でランキングを付けてみる。
すると、下の方の作品はもうちょいなんとかならんのか、と。
そうするうちに、質・量ともに毎日自己ベストを更新。

そして応募最終日、最後まで苦しんだ課題にも光が。
未入力だった作品をなんとか入力していき、
最後の入力を終えたときは残り1分を切っていた。

各課題1本ずつの計41本、まさかの全課題応募。

 

頭は楽しくて回り続けていたけれど、さすがに体は疲れ切っていた。
でも、人生の中であれほど真剣に「遊んだ」ことはなかった

 

応募期間終了後に応募作を見直して、ふと気付く。

なんだか、すごいことになってきた。
グランプリ、いける。
っていうか、ファイナリスト5本はかたいでしょ。

私は、こう思って震えました。

「しゃ れ に な ら な い」

いや、こんなことすら思っていました。

「グランプリだけでもすごい宣伝会議賞
主要四賞独占ならどうなっちゃうんだろう。」
(これの元ネタが分かる人はかなりのマニア)

私の宣伝会議賞熱は、高まるばかりだったのです。

(続く)